トップへ戻る

イベントレポート
爆笑コメディアンズ秀作の『カフェってみた』Vol.64

 

2013.07.04 19:00開演 会場:whim's(cafe&bar)
閃光花火ケーキ
閃光花火ケーキ(スタッフに撮影許可を得て撮影)
吉祥寺駅に16時頃に到着し、すぐにお店に予約の連絡を入れてしばし時間を潰し18:40頃に入店。店内にはステージがあり、ジャズ喫茶みたいなレイアウト。
既にバンド演奏の音合わせや機材調整などが行われており、簡単なリハーサルも見ることができた。

予約のタイミングが良かったのか席はステージ正面下手側の最前席。テーブルとステージとの間には人ひとり分ほどしか入るスペースのないような状態。

この日限定で閃光花火ケーキなるメニューがあり、注文するとメンバーから手書きメッセージカードのプレゼント(BIG CHICの時とほぼ同じもの)があるとのことだったので、白ワインとそのケーキを注文して開演まで周囲の人や顔見知りのスタッフさんと雑談などしながら過ごした。

19時になり、ニコニコ生放送側の放送が開始。秀作さんの進行でひと通りの自己紹介。
ゆうなまんが泣き虫で頼りないとか、うめちゃん(相良咲花さん)が電車を間違えて日野まで行った話などで盛り上がる。

同時刻にチャンネル放送されていたハンゲーム太郎さんの放送とジュネス公式chの放送へSkype中継を繋ぐが、ハンゲーム側へは機材の問題なのかまともに会話ができず早々に切断。ジュネス公式chで放送されているワンフレーズガールズとロリコムさんの番組とはなんとか会話が成立。ワンフレーズガールズの三人から会場のメンバーへの応援コメントがあり終了。会場メンバーが解散ライブに向けての意気込みなどを語った。

各コーナーの合間に手書きフリップによる解散ライブの告知タイムがあり、最初はじゅえる&あ~みん。

次の企画は秀作さんによる、うめちゃん(相楽咲花さん)とひめにゃん(姫川風子さん)にジョジョ立ちを教えるコーナー。
体の柔軟性があるはずのひめにゃんが上手く出来ず、本人曰く「人類には無理なポーズ」

うまくポーズを取れないひめにゃんの不満と秀作さんの話をよく理解していないうめちゃんの天然っぷりが会場の笑いを誘っていた。

解散ライブの告知はうめちゃん&ひめにゃん
うめちゃんが泣いたらひめにゃんにクレープ一年分という約束がなぜか交わされる

キーボード席に綿飴さんが着席した状態でメンバーが全員ステージ上に登壇
会場に来ていたクレオパトラのお二人が呼び込まれ登場。
"やると呪われる"といわれる「おつかまきり」の指導が始まるが、うめちゃんだけポーズが変。クレオパトラにも突っ込まれる。
(クレオパトラのお二人はしばらく会場にいましたが、仕事で途中退場されました)

既に着席していた綿飴さんの紹介。
何か一曲弾いてもらおうということになり、ここでサプライズのうめちゃんバースデーのバースデーソングが演奏され、会場皆で祝福。

この日の限定メニューであった「閃光花火ケーキ」の特別バージョンにろうそくが立てられてうめちゃんが吹き消し、秀作さんからジョジョ第三部全巻のプレゼントが贈られた。
直後にうめちゃんから秀作さんへ枕がわりの黄色いクッションがプレゼントされた。

この時スタッフさんに声をかけて、持ってきていたお花を渡すチャンスをもらいました。
その流れでメンバーからのお祝いの話になり、アイシスがお祝いをしてくれた話や、ゆずぽん(柚木ゆずかさん)やあ~みん(五十嵐彩伽さん)の誕生日も7月だという話で盛り上がる。

綿飴さんがうめちゃん、ゆずぽんとほぼ同じ年であることや秀作さんの綿飴さんいじりでコーナー終了。

解散ライブ告知はゆうなまんとゆずぽん。

次のコーナーはじゅえる(関谷樹愛瑠さん)とあ~みん(五十嵐彩伽さん)による「踊ってみた」のコーナー。
曲は「いーあーるふぁんくらぶ」

イントロが終わってすぐに二人が練習した元動画で踊っている林檎酢さんが登場。
身長が二人とあまり変わらないが動きの激しさとキレ具合がやばかった
林檎酢さんは149.8cmらしい。

しっかり踊ったとおもいきや、二人は練習時間が少ないことに不満なようで、リベンジしたいと言っていた。

解散ライブ告知は再びじゅえる&あ~みん
あ~みんが150名を15名と言い間違えて反省してる姿が微笑ましい

ここから生演奏によるライブ・パフォーマンスタイム

メンバー全員が登壇し、バンドメンバーの紹介。
パーカッション:狐夢想さん、ベース:乙ちびさん、ギター:エレクトロソナーさん、キーボード:ぼいじゃあさん

最初の曲は「DreamCreator」

会場では問題なかったけど放送上はボーカルマイクの音量が高すぎてアカペラ状態だったらしい。
(TSで確認したらレコーディング音源みたいにほとんどボーカルの音だった)

小学生ペアはステージ下で踊っていたため、私達のテーブルの目の前でじゅえるとあ~みんが踊ってた。

演奏終了後、放送音声のトラブルが指摘され、再度パフォーマンスが行われることに。
以後、カメラに接続したマイクから拾うことになる。(このため客席の音が入りやすくなり、リスナーにとってはさらなる悲劇を生むことになる)

音声チェックのためにバンド演奏が行われる間、アドリブで踊るメンバーの中でやはり動きがどこか変なうめちゃんが面白かった。

機材調整が終わり改めて「DreamCreator」

ステージ衣装ではない服装で、ほぼ目の前で踊りが見られたのはこの時だけ。
貴重な光景を目にすることが出来てよかった。

カメラ側のマイクの指向性の問題か客席の声と拍手を拾いまくるため、TSで見たら演奏と歌があまり聞こえなかったけど、現地ではいいバランスで聞けていました。

機材準備の合間に私が秀作さんにいじられた。サイリュウムを持って行っていなくていつも持ち歩いている小型の切り替え式LEDライトを振っていたのに目をつけられました(笑)

会場に来ていたキセノンPなどドリームクリエイター絡みのゲストがステージ前に呼び込まれ紹介される。

続いて、ゆずぽんとゆうなまんによる「Believe」(玉置成実)

平成のガンダムはよくわからないからあまり乗れなかったけど、気持ちよさそうに二人が歌っていたので良かった。

引き続き、ゆずぽんとゆうなまんによる「気分上々↑↑」(mihimaru GT)

合いの手が多く入る曲なので大変盛り上がったが、ラップ担当のゆうなまんはカンペ持って必死だった。結局滑舌が追いつかず。

途中、林檎酢さんの熱いヲタ芸乱入もあり、見ていて面白かったし楽しかった。
TSでも比較的演奏と歌が聞こえやすくなっていたのを確認。

締めはステージに全員揃って「記憶はいつまでも君に残る」

ゆずぽんファンの方々とはるきゃんファンの方々のヲタ芸を中心に盛り上がる。
人数が少ないのでダンスバリエーションが見やすくてよかった。
最後にジョジョ立ちとおつかまきりで締めてた光景は見ものだった。

改めてバンドメンバーの紹介。ぼいじゃぁさんの笑顔はTSでみたら可愛かった。
現地では角度の関係で見えなかった。

閃光花火メンバーから解散ライブへの意気込み

じゅえる「7月7日には自分が思っている以上よりもダンスを上手くして、みんなにアレ(ケチャ)をいっぱいやってもらいたいです」

あ~みん「ここにいる閃光花火のファンの人は全員150名に入って見てください!」

うめちゃん「今までみたライブの中で最高だったよと言ってもらえるライブにします。」

ひめにゃん「みんなで気持ちを一つに合わせられることを願って、その日は織姫と彦星がである日なのでみんなの願いがかないますように!」

ゆうなまん「最後の集大成をみんなに見せたい。7日は絶対泣かないので見に来てください。」

ゆずぽん「今日は来てくれてありがとう。盛り上げてもらってパワーをもらったので7日に爆発させたいと思います。」

秀作さん「他のメンバーと力を合わせて成功させてもらいたいとおもいます」

チャンネルニコ生の放送時間終了に向けて秀作さんより機材トラブルのお詫びがあり
放送終了までメンバーはステージ上から手振り→ジョジョ立ち→おつかまきり→手振りで放送終了。

以後は現地希望者によるチェキタイム。
スタッフの方は一枚千円と言っていたけど店のスタンスとしては被撮影者1名につき千円らしく、全員と一枚撮っても六千円とられるので、私は誕生祝いをしたうめちゃんと一枚だけ撮影してみることにしました。

ステージ上でのメンバー全員のチェキタイムが終わり、しばし談笑をしてから、私は終電の時間が近いため先においとま。

秀作さんやスタッフの皆さんに挨拶をして、改めて閃光花火に関わっている人達のあたたかさを感じました。

突然親戚から電話がかかってきてしまい、電話に応じてたらイネナガ氏にしっかりお疲れ様の挨拶もできず、そこだけ心残りだったな。

参加していた閃光花火メンバーの数は少なかったけど、何よりも記憶に残る体験が出来たと思う。参加を躊躇していた自分にエールを送って頂いた爆笑コメディアンズ秀作さんに改めて感謝。